Discussion:
ハードとソフトについって
(too old to reply)
Hiromu Hasegawa
2005-05-07 09:39:07 UTC
Permalink
Raw Message
いやーがらっとしてますねー
長谷川弘です
ハードでは真空管の回路図を作った人例えば
アーム・ストロングさんなどです。
 なぜなら真空管の回路図の所にボコット トランジスタをはめ込みIC、LSI、VLSIの方はどういうかというとは前記と同じです。
ところで真空管から現代デバイスの歴史は、目で確認できそうなデバイスからだんだん小さくなって自由電子1つで出来そうなものまで技術が進化してきている、今の技術だと限界が目に見えている。
後々の技術については、真空管時代の回路図
を変えるか、ソフトの進化させるかだ。
小野田システム開発  長谷川
Yoshitaka Ikeda
2005-05-07 12:58:31 UTC
Permalink
Raw Message
fj.comp.archにクロスポストします。
Post by Hiromu Hasegawa
ハードでは真空管の回路図を作った人例えば
アーム・ストロングさんなどです。
 なぜなら真空管の回路図の所にボコット トランジスタをはめ込みIC、LSI、VLSIの方はどういうかというとは前記と同じです。
すいません。ここまでの文章ちょっと意味がわかんないです。
私にはエラー訂正不能。
Post by Hiromu Hasegawa
ところで真空管から現代デバイスの歴史は、目で確認できそうなデバイスからだんだん小さくなって自由電子1つで出来そうなものまで技術が進化してきている、今の技術だと限界が目に見えている。
後々の技術については、真空管時代の回路図
を変えるか、ソフトの進化させるかだ。
スイッチング素子としての真空管をそのままトランジスタに置き換えたもの
が、そのまんまシリコンに焼きこまれてるのが現代のコンピュータですよね。

別アプローチとして量子コンピュータってのもありますが、これが今のコン
ピュータを置き換えるようなものになるとは思わない。

で、現行のプロセッサですが自由電子数個に近いレベルまで持っていくところ
まではそれなりに技術的なロードマップはできてるものの、次はあまり出てき
てないようです。

となると、並列化を目指すしかないのかもしれません。PC向けプロセッサの現
在のトレンドも、1ダイに2つのCPUコアを置くデュアルコアですし、それ以上
の分野だと、マルチコアという流れになっているようです。ここら辺はすでに
ソフトウェアも対応しています。

それ以上の進化というのはどうなんでしょうね。
この先、熱容量の問題もあってそんなにクロックは上がらないし、
ダイサイズがあがれば良品率も下がっちゃうので、単純にコアを増やせばよい
というものでもないし。

あとは、一台のコンピュータでなんとかするという発想をやめることなのかも
しれません。家庭内にはコンピュータ内蔵デバイスがいっぱいあるわけで、
ネットワーク経由で結合していわゆる分散コンピューティングという発想が出
てきてもおかしくないと思います。

たとえば、なんかPCで重い処理(動画のエンコーディング)とかする際に、
ネットワーク経由で処理したりできるわけで。グリッド・コンピューティング
とか、アプリケーションレベルでサポートしてるのは少ないですが、
ないわけではないみたいです(これはPCを複数使うものですが)。
--
I LOVE SNOOPY! でつ
Yoshitaka Ikeda mailto:***@4bn.ne.jp
My Honeypot: ***@4bn.ne.jp <-don't send this address
Hiromu Hasegawa
2005-05-07 20:34:43 UTC
Permalink
Raw Message
Post by Yoshitaka Ikeda
fj.comp.archにクロスポストします。
Post by Hiromu Hasegawa
ハードでは真空管の回路図を作った人例えば
アーム・ストロングさんなどです。
 なぜなら真空管の回路図の所にボコット トランジスタをはめ込みIC、LSI、VLSIの方はどういうかというとは前記と同じです。
すいません。ここまでの文章ちょっと意味がわかんないです。
私にはエラー訂正不能。
Post by Hiromu Hasegawa
ところで真空管から現代デバイスの歴史は、目で確認できそうなデバイスからだんだん小さくなって自由電子1つで出来そうなものまで技術が進化してきている、今の技術だと限界が目に見えている。
後々の技術については、真空管時代の回路図
を変えるか、ソフトの進化させるかだ。
スイッチング素子としての真空管をそのままトランジスタに置き換えたもの
が、そのまんまシリコンに焼きこまれてるのが現代のコンピュータですよね。
別アプローチとして量子コンピュータってのもありますが、これが今のコン
ピュータを置き換えるようなものになるとは思わない。
で、現行のプロセッサですが自由電子数個に近いレベルまで持っていくところ
まではそれなりに技術的なロードマップはできてるものの、次はあまり出てき
てないようです。
となると、並列化を目指すしかないのかもしれません。PC向けプロセッサの現
在のトレンドも、1ダイに2つのCPUコアを置くデュアルコアですし、それ以上
の分野だと、マルチコアという流れになっているようです。ここら辺はすでに
ソフトウェアも対応しています。
それ以上の進化というのはどうなんでしょうね。
この先、熱容量の問題もあってそんなにクロックは上がらないし、
ダイサイズがあがれば良品率も下がっちゃうので、単純にコアを増やせばよい
というものでもないし。
あとは、一台のコンピュータでなんとかするという発想をやめることなのかも
しれません。家庭内にはコンピュータ内蔵デバイスがいっぱいあるわけで、
ネットワーク経由で結合していわゆる分散コンピューティングという発想が出
てきてもおかしくないと思います。
たとえば、なんかPCで重い処理(動画のエンコーディング)とかする際に、
ネットワーク経由で処理したりできるわけで。グリッド・コンピューティング
とか、アプリケーションレベルでサポートしてるのは少ないですが、
ないわけではないみたいです(これはPCを複数使うものですが)。
--
I LOVE SNOOPY! でつ
あなたは僕と同業者みたいだね てつさんですか
ぼく、ヒロムですこれからよろしゅうたのんまっさ。
これ大阪弁ですよ
Hiromu Hasegawa
2005-05-14 10:53:10 UTC
Permalink
Raw Message
Post by Yoshitaka Ikeda
fj.comp.archにクロスポストします。
Post by Hiromu Hasegawa
ハードでは真空管の回路図を作った人例えば
アーム・ストロングさんなどです。
 なぜなら真空管の回路図の所にボコット トランジスタをはめ込みIC、LSI、VLSIの方はどういうかというとは前記と同じです。
すいません。ここまでの文章ちょっと意味がわかんないです。
私にはエラー訂正不能。
長谷川弘
すみません、ちょっと文章がおかしかったです。
アーム・ストロング氏とはラジオのFM変調を考えた人でノーベル賞受賞するところだったのですが
その人の会社の社長の反対で受賞できなかったです。
”なぜなら”から後の文章で真空管の回路図は参考にしたのは1974年発行の百貨辞典となにで見たなどの
真空管の回路図と一般的な真空管アンプとインタ-ホンのトランジスタの回路図を参照したうえでの書き込みです。
solsys
2005-05-07 13:02:42 UTC
Permalink
Raw Message
そるしすです。
Post by Hiromu Hasegawa
んだん小さくなって自由電子1つで出来そうなものまで技術が進化してきてい
自由電子1つ、のはるか前に大部分のデバイは熱ゆらぎとか
量子効果がじゃまして進めなくなるからなあ。
Post by Hiromu Hasegawa
る、今の技術だと限界が目に見えている。
後々の技術については、真空管時代の回路図
を変えるか、ソフトの進化させるかだ。
回路図もソフトも、今までの知識の蓄積があって今日まで
発展してきたものですからねえ。そうそうぽろっと大変革を
おこせるような進化は難しいかと。

うーん、候補は量子コンピュータかな?今ひとつ理解してない
けど。ホントに実現できるのかなあ?

そういや、自分で自分のソフト?(ハード?アーキテクチャ?
アルゴリズム?)を変えていくことのできる機械の研究って
今どうなっているのでしょう?
Hiromu Hasegawa
2005-05-07 20:27:36 UTC
Permalink
Raw Message
Post by solsys
そるしすです。
Post by Hiromu Hasegawa
んだん小さくなって自由電子1つで出来そうなものまで技術が進化してきてい
自由電子1つ、のはるか前に大部分のデバイは熱ゆらぎとか
量子効果がじゃまして進めなくなるからなあ。
Post by Hiromu Hasegawa
る、今の技術だと限界が目に見えている。
後々の技術については、真空管時代の回路図
を変えるか、ソフトの進化させるかだ。
回路図もソフトも、今までの知識の蓄積があって今日まで
発展してきたものですからねえ。そうそうぽろっと大変革を
おこせるような進化は難しいかと。
うーん、候補は量子コンピュータかな?今ひとつ理解してない
けど。ホントに実現できるのかなあ?
そういや、自分で自分のソフト?(ハード?アーキテクチャ?
アルゴリズム?)を変えていくことのできる機械の研究って
今どうなっているのでしょう?
量子コンピュータのハードは大体分かっているけど、特別サービスする、
ハードは代替できるでしょうが問題はソフトです並列とは何ぞや
と思って大体理解しすぎるほど分かっているのですが今すっかり忘れました
まず今のコンピューターハードディスクで都合のいいように並列している
WINDOWSxp(95や3.1はここ山口では売ってないでしょうなんせ俺様が5月3日になるまで
1社もなかったのですから。そこらへん信じていただけるかだと思って売る(これがソフト屋の仕事))なので
技術史の観点と人間的な考えから言うともう仮想並列コンピューターは出来ています、ここら辺は何で何したら何になるでしょう」
長谷川
Loading...