Discussion:
無限のエネルギーを開発せよ。石油を過去の遺物にすれば、世界の戦争の危機は格段に減る。
(too old to reply)
Yoshitaka Ikeda
2007-10-14 15:40:57 UTC
Permalink
無限のエネルギーを開発せよ。石油を過去の遺物にすれば、世界の戦争の危機
は格段に減る。
フリーエネルギーなんてのはこの宇宙のどこを探しても見つかりません。
というわけで、そんな無駄なことにエネルギーを注ぐのはやめましょう。

エネルギー源としては、当面は原子力のプルサーマル、
で、高速増殖炉と進んでいくのが一番の近道だと思います。


とりあえず、戦争をできるだけ減らすためには、原子力の平和利用に
反対しないことが一番大切だと思う。
--
I LOVE SNOOPY! でつ
Yoshitaka Ikeda mailto:***@4bn.ne.jp
My Honeypot: ***@4bn.ne.jp <-don't send this address
山之彼方
2007-10-14 20:59:06 UTC
Permalink
いよっ、池ちゃん、よくもくじけずお返事をありがとう。

池ちゃんは科学者じゃないね。
科学者はUFOを否定しはしないよ。
テレポートもタイムマシンも否定しはしない。
無駄などとは言わない。三流以外は。
Post by Yoshitaka Ikeda
無限のエネルギーを開発せよ。石油を過去の遺物にすれば、世界の戦争の危機
は格段に減る。
フリーエネルギーなんてのはこの宇宙のどこを探しても見つかりません。
というわけで、そんな無駄なことにエネルギーを注ぐのはやめましょう。
エネルギー源としては、当面は原子力のプルサーマル、
で、高速増殖炉と進んでいくのが一番の近道だと思います。
とりあえず、戦争をできるだけ減らすためには、原子力の平和利用に
反対しないことが一番大切だと思う。
--
I LOVE SNOOPY! でつ
山之彼方
2007-10-14 21:02:21 UTC
Permalink
科学は常にひっくり返るんだ。
山之彼方
2007-10-14 21:04:33 UTC
Permalink
学問というのは、危険なものなんだよ。
分かってないな。
なぜ危険なのか。

それは、つねに、ひっくり返るからだよ。
ひっくり返すのが、学者の使命。

それは、社会学者も科学者も同じだ。
日本の学者が三流なのは、人の道ばかりあとからついていってるから。
これじゃフロンティアにはならんわな。
山之彼方
2007-10-14 21:08:38 UTC
Permalink
ちんまりとおさまってるような学者は、ただのでくの坊なんだな。
池ちゃんは、役人学者にはなれないよ。
中味は。
Sin'ya
2007-10-21 02:39:37 UTC
Permalink
中村正三郎のホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/) で
紹介されていたマグネシウムが有望かもしれません。
---
兼松真哉
Lamia
2007-10-24 03:59:37 UTC
Permalink
Post by Sin'ya
中村正三郎のホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/) で
紹介されていたマグネシウムが有望かもしれません。
---
調べてみました。要は、
・レーザーには光エネルギーによってレーザー物質を励起させて発振する種類の
 レーザーがある。
・従来は光エネルギーをレーザーエネルギーに変換する効率が悪かったのだが、
 最近は改善されてきた。
・だから従来より弱い光源でもレーザーを発信させることが出来るようになり、太陽
 光線を集光してレーザーの光源に使えるようになった。
・出力されるレーザーのエネルギーは、元の太陽光のエネルギーよりも当然小さく
 なるのだが、レーザーは非常に小さな焦点に集光することが出来るので、その焦点
 では千数百度と言う高温を得ることが理論上は可能だ。
・その高温を利用して塩化マグネシウムを直接還元してマグネシウムを得れば、間接
 的に太陽エネルギーをマグネシウムの形で取り出したことになる。
・太陽電池で発電し、それを蓄電池に充電して利用することを考えた場合、充電ロスが
 発生する。また蓄電池の極板には寿命がある。
・直接還元して得られたマグネシウムを極板に利用して電池を作った場合、充電ロスが
 なく、極板ごと交換するので極板寿命を気にする必要がない。
 トータルの効率で、太陽電池を上回ることが可能かもしれない。
ということらしい。
理屈の上では筋は通っており、今後の技術開発次第では太陽エネルギー利用の本命
になるかもしれない。
研究開発が待たれるところでしょうね。

Loading...